住宅ローンの消費税は分割を検討

2012.4.19|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

消費税を平成26年4月より、8%に増税することは決定しています。

それにあわせて、住宅ローンでは消費税の増税負担が大きくなるため、政府は消費税の分割を検討しています。
いまの住宅ローンでは消費税の分割という考えは基本的にありません。しかし、今回の東日本大震災など、災害などが原因の場合は、1年間~2年間程度の分割払いは認められています。

この消費税の分割払いを消費税の増税に会わせて修正を行います。
消費税の分割は当然に選択できるものとして、2年程度ではなく、もっと長い期間の分割も行えるようにします。

対象は、新築、中古に関係なく、住宅を購入した場合に適用されます。

さらに平成25年末に終了予定の住宅ローンの減税についても延長を検討しています。

高額商品の住宅ローンでこのような措置がとられるようになりますので、自動車のマイカーローンについても消費税の分割が今後、検討される可能性もあります。

民主党では解散総選挙などに焦点がいっており、なかなか消費税の具体案が進まない状況ですので、この検討事項もどこまで実現するかは分りませんがいままでの傾向からすると、ギリギリの平成26年3月ごろに決めそうな予感がします。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL