東北の高速道路無料は2012年4月から半年間さらに形を変えて延長されます

2012.3.22|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

東日本大震災の影響から、高速道路のETC割引上限1000円が終了し、東北道路の高速道路無料化が開始されました。
東北の高速道路無料開始直後では制度を悪用するトラックドライバーが横行し、2度目の制度変更を行い東北の高速道路無料化は継続されました。しかし、2012年3月末をもって、この東北の高速道路が全面的に無料になる割引は予定を組んでいた補正予算が終了し、期限切れを迎えることとなります。

では、2012年4月からの東北の高速道路無料化は、終了してしまうのかと思われますが、さらに形を変えて、東北の高速道路無料化は継続されます。

今回の高速道路無料化は、更に制限が付与されます。東北の高速道路を利用するドライバーはしっかり、新制度のことを事前に調べて、より良い高速道路の利用を心がけて下さい。

2012年4月から開始される東北の高速道路無料化をまとめてみると、次の通りです。

対象者は、東京電力福島第1原発事故の避難者に限定されます。

下の画像で黄色とピンクに色分けされた地域の人が対象です。(正確には震災発生時に警戒区域などに住んでいた人)

対象者はインターチェンジで免許証の提示をすれば無料で高速道路を利用することが出来ます。

復興支援や観光目的の高速道路無料は、2012年4月1日午前0時で終了されます。

高速道路の無料適用は、終了の午前0時前に高速道路に入れば、出口で午前0時を過ぎていても無料を適用されることは今までと同様です。

東京電力福島第1原発事故の避難者の高速道路無料化は、2012年9月30日まで行われます。

その後の高速道路無料化は未定です。

東京電力福島第1原発事故の避難者に限定した高速道路無料化は、次の画像の原発周辺の15個のインターチェンジのみ適用されます。(国交省提供の資料)

今回の東北の高速道路無料化は原発の被災者限定の無料化となります。

ただし、観光、復興支援などの一般の人でも相馬~南相馬間は2012年9月30日まで全車無料となります。開通予定は2012年4月8日の日曜日です。

高速道路無料区間
高速道路無料区間

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL