消費税の増税が活発化。低所得者負担をどうするか

2011.11.24|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

消費税の増税については2010年なかば頃、つまり2015年前後には10%にすることが決定しています。現在、問題となっていることは、この消費税を段階的に増税する時期をどうするかと、消費税の増税は低所得者ほど、負担が大きくなるため、還付金が必要ではないかと言うことが議論されています。

消費税の増税についてはすでに20%前後の消費税を行っているヨーロッパ各国のドイツなどが例として上げられます。ヨーロッパ各国のように消費税が20%前後ある場合は、食品などは7%の課税という減税措置がとられています。

不動産売買など高額な商品は消費税が掛からないことが殆どです。日本の場合、家賃や土地の取得には消費税が掛かりません。

しかし、10%程度の消費税で低所得者に現金を還付するなどと言うことは他の国では一切ありません。

消費税の増税が議論されていますが、雇用不安と低所得者いわゆるワーキングプアなどになる方がよほど困ったこととなります。

今年の増税議論は、年末も近いこととなり、落ち着いています。このまま軽い消費税議論で時間を経過し、今年は終了。来年度から、再度、増税議論が活発化しそうです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL