電気料金10%値上げいつから?

2011.8.29|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

東京電力が電気料金を10%値上げする方針を示しました。ですが電力会社単独で電気料金を自由に出来る範囲は少額の場合です。今回のように大幅に過去例のない値上げとなると、国の許可を取る必要があります。

現在の段階では、許可の申請を行ったのみで国は値上げを容認する決定をしていません。

東京電力の電気料金10%値上げをする原因は、福島第一原発の停止により、火力発電所を稼働させたため、コストが高くなっていることが原因です。しかし、過去に原発をすべて停止した場合、1000円以上の値上げが必要になるだろうと、原発事故当時の社長、会長などの経営陣の時代に言われていました。
現在の10%値上げは原発をもっと複数稼働停止にした計算で成り立っていません。

つまり、値上げの多くを東電再建の資金として利用されることになる可能性が高いのです。

原発事業をもっと活性化し、福島第一原発が発電できなくなったため、他の原発施設を関東近辺に建設しなければ、値上げは必死であるという状態です。

この値上げを容認するかは政府の第三者委員会の判断によります。
しかし、10%の値上げとなると現段階では、かなりの難色を示しており、いつから電気料金が10%も値上げとなるのかは国民が不安になるのも時期早々といえそうです。

次なる情報が出るまで待たなければいけません。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL