軽自動車の増税いつから

2011.8.29|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

軽自動車は税金が安いため、経済的メリットとして選択する人が多かったのですが、民主党になってから環境自動車税として、軽自動車を増税しようという動きが活発化していました。なぜ過去形かと申しますと、震災前までは来年には実行するといった勢いでしたが、東日本大震災や原発事故などの影響もあり、法案が宙に浮いた状態であります。

いつから軽自動車を増税するのか、そもそも環境自動車税を本当に導入するのかさえ分かりません。
その間に決定したものでETC割引の土日祝日の休日上限1000円の廃止。高速道路無料化社会実験の凍結などがありました。
そして新たに始まった東北の高速道路無料化。中型以上のトラックも無料化するということと被災証明書を持っていれば乗り降り無料と言うことでしたが、悪用するトラックが増加したため、東北の高速道路無料化はトラックを8月31日で中止することとなりました。

このようなぐだぐだな民主党政権で、軽自動車の増税はまだ宙に浮いた状態です。

環境自動車税はいつから開始されるのかは分かりませんが東日本大震災の復興や東京電力再建の財源確保のためにも様々な分野から増税が必要になるため、環境自動車税をやっぱり増税しませんという流れにはならないと思います。

軽自動車をお金持ちや資産家が好んで乗るとは思えません。どちらかというと高級セダンに乗ります。経済上メリットがあるからこそ軽自動車を利用するのであって、そこを増税されるとなると、いいところは何もなくなってしまいます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL