増税に民主党内でも反対噴出(復興の基幹税)

2011.7.27|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

復興の基幹税10兆円について、民主党内からも増税についての反対意見が未だに強い。法案を提出してもなかなかスムーズに成立することはなく、何度も拒否され、修正を繰り返して、やっと成立まで持って行くというのが最近の流れである。

いま問題になっているのが13兆5000億円の復興債である。償却期間は5年間を名目に5年から10年くらいで償却しようという考えである。その償却する財源も増税から捻出される。そして、復興の財源は約23兆円は必要であると言われているため、まだ半分の財源しか確保できていない。

そうなると相当の量、増税が必要になることは明確である。国民の生活はますます苦しくなりそうである。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL