子ども手当 所得制限 民主党と公明党で意見違い

2011.7.26|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

民主党が提出した子ども手当の修正法案を公明党は拒否しました。

公明党側は、子ども手当には何としても所得制限を付けるのが大原則という方針でいます。

そこに民主党は、年収手取り1000万円以上。つまり手取りですから、もっともっと高収入な人でも、減額の9000円を支給するという法案を修正したものとして提出しました。

これを今回公明党は話が違うとして拒否しました。

 

これは、もう公明党側が正しいように思えます。
民主党は、他で増税を無駄に連発したり、バラマキはなかなか辞めず、年収が手取り1000万円以上もある世帯が毎月子ども手当9千円が必要なのか?それだけの財源を無駄に増税で確保していると言うことがないのか検討した方がよいように思えます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL