消費税増税はたばこ税とガソリン税、酒税は2重課税になり大幅増税に

2011.7.25|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

消費税を増税するという話と一緒に、「たばこ税」、「酒税」などの話が出ている。このまま進むと「ガソリン税」も増税されるかもしれない。

これらの商品は特殊で、たばこ税、酒税、ガソリン税が含まれた状態を価格として提示している。なので国民はたばこの何パーセントがとか、お酒の何パーセントは税金であるのかを明確に知っている人は少ない。この税金は税金にも消費税が換算されるのである。

例えばたばこ1箱が400円。そのうち6割が税金であるとしよう。税金分は240円である。たばこ本体の価格は160円なので消費税が増税されて10%になるならば、このたばこ本体の160円だけに課税されるのが筋であるが、実際はたばこ税とあわせた400円にまるまる消費税が計算される状態となる。こうなると増税する側は言葉のマジックである。

この様な税金に増税される2重課税というものがたばこ税、酒税、ガソリン税などで発生する可能性が高いのである。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL