タバコ増税 いつから?(民主党また値上げ検討)

2011.7.8|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

タバコ増税について、一昨年に大幅に増税されたタバコが震災の復興財源確保に向けて、再度、値上げ(増税)を検討していることが6日分かりました。今回のタバコ増税(値上げ)の幅は1箱50円です。
東日本大震災復興構想会議という菅首相の諮問機関があります。こちらが、今回のタバコ増税(値上げ)も財源確保の検討事項に加えるべきではないかと提案したことが事の発端です。

政府は、消費税の大幅増税や所得税、法人税の「基幹税」を臨時増税して復興財源を賄う方針で進めていますが、これらの増税については反対意見が多く、なかなか進んでいない状況です。そのため、今回のタバコ増税も検討対象に加えることとなりました。

今回発表されたタバコ増税についてまとめると、検討事項ではありますが

・来年度中に値上げをする。

・1箱50円のタバコ増税になる。(販売量に変化がない場合は2000億円の財源になる)

・2010年10月にタバコ1本3.5円というものすごく高い増税がされたばかりの再増税である。

といったところです。
タバコを値上げをすれば、簡単に財源が確保できるという政府の考えはいつの時代も同じです。タバコで増税、次はお酒で増税でしょうか?
物の増税がされた後、消費税も大幅に10%まで増税されるとするならば、タバコは増税にさらに増税が上乗せされる2重課税であるため、今後数年でさらなる値上げは確実であると言えます。

日本の国民生活はますます苦しくなるばかりです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL