etc割引 いつまで

2011.5.20|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ETC割引がいつまで続くのかという疑問。ここで言われるETC割引というものは、主に高速道路の土日休日上限1000円のことを言います。
正式名称は、「休日特別割引」といいます。このETC搭載をした軽自動車と一般自動車の休日特別割引は、早くて2011年6月中旬に廃止されます。遅くても2011年6月下旬に廃止になります。
既に東日本大震災の復興予算である「第1次補正予算」は、この高速道路ETC割引の「休日特別割引」の廃止を理由とした財源を5月1日に決定しています。ですので、廃止は確実なのです。
正式な廃止日は、国交省からの発表待ちです。現在は、システムの入れ替え作業のため、6月下旬を廃止を目処に動いていますが国交省の大臣発言では、これよりも早くなり、6月中旬から廃止を実施できる状態になりそうだと言われています。正式な発表はまだされていません。発表待ちというのが今の現状です。

廃止が決定している高速道路、土日休日上限1000円である「休日特別割引」ですが、この内容は、

<対象の自動車>
軽自動車または、普通自動車。

<対象の地域>
東京・大阪近郊以外→上限1000円。それ以下は半額。

東京・大阪近郊→30%~50%割引

<割引の対象となる一般有料道路>
NEXCO東日本/中日本/西日本が管理する全国の高速国道次の一般有料道路が対象となります。

・深川・留萌自動車道(深川沼田道路)
・日高自動車道(苫東道路)
・百石道路
・湯沢横手道路
・秋田自動車道(秋田外環状道路)秋田北~昭和男鹿半島
・秋田自動車道(琴丘能代道路)琴丘森岳~能代南
・仙台北部道路
・三陸自動車道(仙塩道路)
・仙台東部道路
・米沢南陽道路
・東水戸道路
・圏央道(八王子JCT~桶川北本、つくば中央~稲敷、木更津JCT~木更津東)
・京葉道路(幕張~蘇我)(30%~50%割引の対象外ですが、上限1,000円の対象になります。)
・千葉東金道路
・東京湾アクアライン連絡道
・富津館山道路
・横浜横須賀道路(休日終日50%割引 )

<割引の対象とならない一般有料道路>

・京葉道路(ただし、幕張以東の区間は上限料金1,000円のみ対象となります。)
・第三京浜道路
・横浜新道

以上の点がETC割引の土日休日の上限1000円に該当する部分です。
この部分はなくなるという点を理解し、間違えないように気をつけたいと思います。休日特別割引は廃止となりますが時間帯割引は今後も継続されます。
時間帯割引とは、深夜割引、深夜早朝割引、通勤割引をいいます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL