確実に廃止されるETC割引の土日休日上限1000円。6月中旬から下旬に完全廃止予定。(国交省)

2011.5.18|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ETC割引で6月中旬から下旬にかけて廃止が予定されているもので「休日特別割引」が該当します。よく言われる土日半額というものです。このETC割引の休日特別割引とは、どういうものなのかをもう一度、おさらいをしてみましょう。

<対象の自動車>
軽自動車または、普通自動車。

<対象の地域>
東京・大阪近郊以外→上限1000円。それ以下は半額。

東京・大阪近郊→30%~50%割引

<割引の対象となる一般有料道路>
NEXCO東日本/中日本/西日本が管理する全国の高速国道次の一般有料道路が対象となります。

・深川・留萌自動車道(深川沼田道路)
・日高自動車道(苫東道路)
・百石道路
・湯沢横手道路
・秋田自動車道(秋田外環状道路)秋田北~昭和男鹿半島
・秋田自動車道(琴丘能代道路)琴丘森岳~能代南
・仙台北部道路
・三陸自動車道(仙塩道路)
・仙台東部道路
・米沢南陽道路
・東水戸道路
・圏央道(八王子JCT~桶川北本、つくば中央~稲敷、木更津JCT~木更津東)
・京葉道路(幕張~蘇我)(30%~50%割引の対象外ですが、上限1,000円の対象になります。)
・千葉東金道路
・東京湾アクアライン連絡道
・富津館山道路
・横浜横須賀道路(休日終日50%割引 )

<割引の対象とならない一般有料道路>

・京葉道路(ただし、幕張以東の区間は上限料金1,000円のみ対象となります。)
・第三京浜道路
・横浜新道

以上の点がETC割引の土日休日の上限1000円に該当する部分です。
まだ、このETC割引を利用することは可能ですが震災の第1次補正予算にETC割引の土日休日割引は廃止が織り込まれています。即座に廃止にならないのは国交省のシステムの入れ替えに時間が掛かっているため、6月中旬から下旬頃に廃止されると言われています。詳しい説明はいまのところ発表はありません。ニュースに発言が度々出る程度で非常に国民には分かりにくい状態になっています。
ETC割引を期待して、ETCを取り付けた人は、残念な結果になりそうです。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL