高速道路etc割引の休日1000円は6月中旬に廃止

2011.5.11|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

高速道路etc割引の休日1000円は6月中旬に廃止と宣言をするコメントが本日ありました。

大畠国交相は10日、高速道路のETC(=ノンストップ自動料金収受システム)搭載車に対する「休日上限1000円割引」の中止時期について、来月中旬頃にも可能だとの見通しを示した。

可能ならば、6月下旬に高速道路のETC割引の廃止を予定していましたが、前倒しで廃止する可能性が濃厚であることをコメントしています。

国交省は今後、システムの変更手続きの進ちょく状況を見極めてから、具体的な中止の日にちを発表すると話している。

震災の復興用に第1次補正予算の4兆円が決定し、この予算にETC割引の廃止が含まれています。
yahoo知恵袋でもETC割引は、本当に実施されるのか?インターネットの情報ではよく分からず、ベストアンサーに選ばれたものが、「ETC廃止はないと思う」回答でした。
実際は、6月下旬にETC割引の廃止は宣言されていましたし、日経新聞の第1次補正予算成立内容にもETC割引である休日1000円の廃止が書かれていました。その実行予定日は、システムの変更に時間が掛かるため、6月下旬と言われていました。

今回、この6月下旬を早めて中旬にも廃止をすると言っているようなものです。廃止は、確実であることがここで証明されています。
現在どこまでが廃止となっているのかといえば、平日上限2000円の話は中止になり、高速道路無料化の実験も凍結(中止)、高速道路ETC割引、土日上限1000円の廃止です。
障害者割引も被災地に該当する人で、震災前から既に障害者割引が適用されている人に限り、8月31日まで割引が適用されます。それ以降は廃止です。

継続されるものは、時間帯割引です。
深夜割引、早朝深夜割引、通勤割引などは存続します。また、大口顧客の割引も継続されます。
深夜割引は、大阪・東京近辺で距離に関係なく割引が適用されますが、深夜早朝割引は、100キロ以内の走行でなければ、すべての割引が適用されなくなるため、注意が必要です。

5月31日 国交省より正式な発表がありました。具体的な内容はこちらの記事をご覧下さい。

6月8日 国交省より新しく適用される「東北地方の高速道路無料化は20路線、1541キロが対象」が正式に発表されました。(内容はこちら)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL