高速道路の休日ETC割引廃止と無料化実験中止。6月。(日経新聞)

2011.5.8|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

今日の日経新聞を見ると、第1次補正予算成立に高速道路の土日祝日などの休日ETC割引である上限1000円を廃止すること。社会実験である高速道路無料化を凍結(中止)するなどで4兆円規模の震災の予算を確保した。と記載が正確にありました。
6月にETC割引が廃止される。何が廃止されて、何が残るのか?それとも高速道路の割引がすべて廃止になるのか?情報が錯綜されていて、何が正しいのか分からない状態でした。
平日上限2000円を夏に予定していたものを中止にするというのは分かりましたが、もっとも重要な高速道路のETC割引休日上限1000円は本当になくなるのかと言うことでした。

Yahoo知恵袋でも高速道路の休日上限1000円のETC割引が廃止されるのか質問をする人もいましたし、その回答は、廃止されないというものがベストアンサーになっていました。
ネットで調べてみてもブログの書き込みばかりで、何が正しいのか分からない状態でした。
今回、日経新聞の記載もあったことで、高速道路のETC割引が休日上限1000円が6月に廃止されることは確実だと言うことが新たに確定しました。

ただ、6月の何時になるのかも詳しく発表されていません。6月まで時期は迫っています。政府は早急に高速道路のETC割引の何が廃止されるのか国民に分かりやすく説明をしていただきたいと思います。

そして、高速道路のETC割引である土日などの休日割引上限1000円が廃止されることで、景気に悪影響が出ることは確実です。また、ここに来て震災地である東北道や常磐自動車道は無料にするべきと言う考えも出てきており、どうなるのかは不明な点が多くあります。

ETC割引の影響でフェリー航路などは廃業に追い込まれました。「呉・松山フェリー」が航路廃止し清算というニュースは2009年の話であり、記憶に新しいです。
ETC割引がなくなってしまうと、今まで存在していたフェリー航路がなくなっており、選択できる足が一般料金の自動車しかありません。

ETC割引は、短命に終わり、混乱を招いただけなのでしょうか?
運送業などにも多大な影響を及ぼしそうです。

5月31日 国交省より正式な発表がありました。具体的な内容はこちらの記事をご覧下さい。

6月8日 国交省より新しく適用される「東北地方の高速道路無料化は20路線、1541キロが対象」が正式に発表されました。(内容はこちら)

コメント一覧
  • 本当に政府のやる事は目先考えで 今までも何一つまともに出来ていない
    こんな混乱を招く政策より 議員の数を減らした方が確実で痛みを
    伴う人が少なくて済む
    自分たちを棚に上げずに 目先で乗り切ろうとする事をもっと
    声を大にして訴えたいです!


    2011年5月11日 12:11 AM | そら | このコメントに返信

  • 5月にETCをつけました。
    ところが、6月から土、日、祭日の上限1000円がなくなるとのこと。
    その他、平日の割引など不明です。
    目先の事のみ考え、観光地、地方、運送業、沿線の方々等を考えると経済効果があるとは思えません。
    専門家の意見は聞いたのですか。とにかく早急に詳細を決めてください。(いつからいつまで他)内容によっては私は旅行等計画していましたが、どこにも行くつもりはありません。
    それよりも、国会議員、国家公務員の歳費削減、人員削減をまず行って下さい。


    2011年5月17日 3:56 PM | 山本 功 | このコメントに返信

  • 大震災の復旧、復興対策を見てきて政府の対応は、一貫性がなく後から訂正も多い。物事を決定する前にまず、その結果について様々な「想定」を検証すべきです。特に、大きな問題の場合は慎重かつ十分な検討が重要です。それをその場の思いつき的な発言をするから国民が振り回されるのです。高速道路の無料化、割引の廃止についても同様で、ただ単に支出を抑えることを考えての対策に思えて仕方ありません。その結果の経済効果を本当に検証されたのでしょうか? 物流、観光業などに与える影響は・・・


    2011年5月20日 12:36 PM | ホテルコンサルタント | このコメントに返信

  • 私的ですが頻繁に高速道路を利用しており経済性を考え数ヶ月前エコカーに買い換えETCも取り付けました。ホント大バカ野郎ですね・・・(苦笑)そもそも高速料金割引や無料化なんて政策の為の都合よい道具にすぎなかったのでは?その陰でどれだけの人達が明暗を分け苦渋の選択を強いられ振り回されてきたのでしょうか?そして今回の一部除くETC割引廃止?によって経済損失は?振り回された人達の気持ちは?そして何より本当に本当~に4兆円??を震災復興に役立てていただけるのでしょうか?何から何まで疑問だらけです。


    2011年5月22日 1:12 AM | ちはる | このコメントに返信

  • 財源の捻出方法は他にもたくさんある。
    しかし、どれも、しがらみがあって、手をつけれない・・・。
    だから、新しい政策(ETC割引など)ならば、まだ、関係者たちの痛みは少ない。ってことだと思われます。(国民の痛みは無視)
    ならば、しがらみを無くすしかないのではないでしょうか。
    まず、政治家の報酬はゼロにしましょう。
    これで、どれだけの政治家が残るかです。
    本当に、国を良くする為に、ボランティアで国民の為に、
    時間を費やすことのできる人材が、日本にはいないのだろうか。
    あと、公務員の給料は、日本国民の平均賃金に統一しましょう。
    可も無く、不可も無く、これが、常識的な報酬ではないだろうか。
    赤字だらけで、震災一つで財源不足で国民に迷惑かける会社(国)の社員(公務員)が、変わらぬ報酬を支給されてることに、
    異常を感じないのだろうか・・・。
    この報酬見直し対応で、日本は正常化に一歩近づくのでは。。


    2011年5月29日 6:11 PM | 常識人 | このコメントに返信

この記事にコメント

*

トラックバックURL