小麦粉が18%上昇。パンの値上げも10%になりそうだ

2011.4.22|値上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

製粉大手の日清製粉は、小麦粉を値上げすると宣言した。

これは政府の卸売価格が18%値上げされたことが原因。政府の値上げも世界市場で小麦粉が上昇していることが原因だ。別に嫌がらせで値上げをしているわけではない。

小麦粉という原材料が大幅に2割も上昇してしまったため、小麦粉を使用する製品の値上げは確実視されている。

パンについては、大手の山崎パンでは10%程度の値上げが必要になるだろうと言っている。

発展途上国では、エンゲル係数が高いため、小麦粉の値上がりは死活問題だ。

値上がりは、コモディティ市場全体に起きている。
原油も上がれば、小麦粉も砂糖も食用油も全部、大幅に上昇している。金や銀などレアメタル、それに鉛など、資源についても同様に昨年から大幅に上昇をしており、いまだにピークにはほど遠く、まだまだ上昇している。

今回の東日本大震災での復興増税と商品価格の上昇による値上げにより、総合的に15~20%は国民負担が今よりも増えるだろうと思われる。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL