消費税で増税すると被災者も負担が増える。所得税を増やそうか?

2011.4.18|増税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

消費税を1%上げるだけでも税収は、2.5兆円得られる。しかし、消費税は被災者も支払い負担が増えてしまう。そもそも消費税は社会保険負担の増大に使用したいというのが野党側の意見です。払える人から、多くとろうと所得税の増税を使用という話題が今日ありました。所得税を増やしたところで税収は1兆円程度と、消費税よりもかなり見劣りします。

ただ、所得税を増やせば現役世代の負担が増え、老人など引退世代の負担は軽いものです。このため、世帯間で不公平が生まれます。

法人税を5%引き下げる案が可決していましたが廃案にすることで税収減になる予定であった6000億円を復興に割り当てます。

いまは増税は絶対にしないと行けない。どこからとるのか?とれるだけとれる場所を探している状態です。

証券優遇税制などは、今後、狙われると思われます。
証券優遇税制を廃止したところで、現在の株価暴落。流動性が歴史的にに少ない状態では見込める税収もわずかなものです。それよりも、株式市場がこのまま低迷してしまえば、それを運用する年金に数十倍にもなって跳ね返ってきます。

日本の株価は復活するときがくるのでしょうか?

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL